rednoren
節約 map  
節約 TOP > 貯金・貯蓄 > 貯金を楽しむための貯金のパターン

貯金を楽しむための貯金のパターン

臨時収入貯金

懸賞応募して5000円当選したり、自分の親からお小遣いをもらったり、会社から金一封が出た!なぁーんていう時は、迷わず貯金しちゃいましょう。

ちょっと外食に行ってパーっと使ってしまえば、それで終わりですが、つもり積もると、いろいろなものに利用できるしっかりした金額になってくるものです。

家族で温泉旅行にいけたり、両親への旅行のプレゼントに使えたり、子供の入学準備などに惜しげなく使えたり、無かったと思えばすむお金は、こっそり貯金しておきましょう。

あまり銭貯金

毎日財布にあまった小銭をかき集めてしまう結構荒業ですが、1ヶ月で1万円ほどたまっていたりします。500円玉を混みにすると、きつくなる場合は500円抜きではじめてみるのがいいでしょう。ある程度貯金箱が一杯になった時や、1ヶ月、2ヶ月単位で区切って銀行に両替に行って、そのまま口座に貯金しましょう。家計簿には、貯金の支出として書き込んでおくと、安心です。使途不明金になっちゃいますからね。

キリ貯金

100円以下の小銭は家計簿にも換算しないで、そのままためてしまう、≪キリ貯金≫キリがいいところで決めたら、家計簿にも100円単位、500円単位でしか書かず、そのあまり分はすべて貯金しちゃうというもの。

例えば、168円で焼きそばを買ったら200円として、32円はキリ貯金。
832円でクリーニング代を払ったら、900円としたり、1000円とする。
家計簿も計算が楽になって、1円の違いに悩む事はなくなります。
ジャラジャラ家計簿にものらない貯金が増えていくのでへそくりにも最適かも!?(笑)

もらい貯金

両親や、近所の方から、お菓子や洗剤、野菜などをわけてもらったら、とりあえず、買ったものとして、貯金してみましょう。もともと絶対買わないだろうと思っていたものなどは省いていいのですが、とりあえず、食べ物をもらったときなどは、相当額でいいので、かったつもりで≪もらい物貯金≫してみましょう。

半年に1度くらいで結構貯まっているかも?

つもり貯金

定番のつもり貯金!クリーニングに出したつもり、外食したつもり、美容院でカラーリングしてもらったつもり、高い化粧品を買ったつもり、バスに乗ったつもり、などと、いろいろな≪つもり≫を探して貯金していくのも、楽しいかも。ただ、ストレスがたまったりする可能性も否定できませんけどね。(^^;貯まった貯金が実感できるよう、透明の入れ物に貯金するのも手ですよ♪

割引貯金

1パック380円を3パックで1000円!本当なら1140円のところ、140円割引!

この分を払ったつもりで貯金してみましょう。

半額品などを買ったときは、結構貯金できるのでは?
でも、半額シールというのもくせものです。もともと半額の金額で売りたいものをわざわざ高値をつけて、割引したように見せかけているものもありますから、お買い得だ!と惑わされず、底値を見極めましょうね。

500円玉貯金

お財布に500円玉が残っている時は、500円玉のみ貯金する!

もしくは、毎日1回は500円玉貯金。←これは、年間18万も貯まる計算に!
でも、今日は500円玉がないから明日2つ入れようなんて思っているうちに、できなくなると思うので(笑)、とりあえず、お財布にあったら・・・という設定が無難ですね。
ですが、500円とは結構な大金です。毎日お財布から抜けていくと、かなりイタイ(泣)。
少し余裕のある家庭のほうがおすすめですね。500円玉貯金で、大赤字!!なんてことにならぬよう、注意してね♪


bibiの簡単節約料理レシピ&節約生活日記ブログはこちら

bibiの100円均一グッズ・100円ショップ雑貨&ハンドメイドブログはこちら

貯金を楽しむための貯金のパターン





*スポンサード・リンク* 



Copyright(c)2003- www.guidelinks.net All Rights Reserved.