rednoren
節約 map  
節約 TOP > 家計簿 > 予算を立てよう

節約する為には予算立てをしよう

予算なんてどうやって立てていいかわからない、とか、予算を立てる必要あるの?
とか、お思いの方がいるかどうかわかりませんが、予算はとても重要であり家計管理においては必須事項です。

なぜなら、国が国家予算を毎年立てるように、家計も年間の予算とその月の予算を立てるべきなんですよね。

だって、国がもしもその時の行き当たりばったりで、

「じゃ、高速道路作ろう」
「じゃ、あの国に経済協力として何百億おくろう」

とか、考えられていたら、国民はたまったもんじゃありません。(笑)

まあ、そうなっている現実もありますが、そのせいかどうかはわかりませんが、日本国民は、多額の借金を背負っています。

もし、それが家庭の中におこってきたらたまったものじゃありません。(^^;

ある程度、自分の置かれている状況を理解しつつ、これくらいは使っても貯金ができるとか、黒字でなんとか過ごせそうだとか、やはり、お金の使い方のいろいろな目安となります。

更に、予算を立てると必然的に、支払うお金に執着心が生まれ、戦略的な家計を考えるようになり、買い物で余分な出費を減らそうと自然に努力するようになります。

ですから、家計管理において、予算の計上は、無くてはならないと、私は考えています。

簡単に言えば、予算とは・・・目標です。

この予算内におさめようという、具体的な目標を掲げるという事です。

目標の無い、のらりくらりの生活よりも、目標に向かって行動している時の方が、遥かに、その効果が違ってくるのではないでしょうか?

1つの目標をクリアーした喜びが、更に、高い目標を狙う気力を起こさせるのです。

予算で言う所の、予算を少なくし、貯金にまわすなどの効果が現れてきます。


予算の立て方

はじめは無理の無い予算を作ってみてください。

最初から挫折してしまって、やる気もうせては困ります。

今まで全く家計簿をつけたことが無く、自分の家庭で、いくら毎月使っているのか把握していない人は、予算立ての前にまずは、家計簿を1ヶ月だけ頑張ってつけてみることから始めなくてはなりません。

それをつけた上で、無駄なものを考え直し、予算立てをしていきます。

月で支払いきれず、毎月赤字になる家庭は、ボーナスで払うようにするとか、逆に、自営業などで、ボーナスが無い家庭などは、毎月の中から年間支出のものをとりおかなくてはなりません。

ちなみに、我が家では夫が転職経験者なので、ボーナス比率が多い会社から、ボーナスよりも月の収入比率が多い会社にうつった時に、かなり、感覚のズレを修正するのにとまどりました。((・・;))

でも、予算の立て方で、なんとかなるものだと、実感しています。

まずは、自分の家庭にあった、年間ベースでの予算を立てましょう♪



bibiの簡単節約料理レシピ&節約生活日記ブログはこちら

bibiの100円均一グッズ・100円ショップ雑貨&ハンドメイドブログはこちら

家計簿の予算の立て方と重要性





*スポンサード・リンク* 





Copyright(c)2003- www.guidelinks.net All Rights Reserved.